家を買うならここが知りたい!

利害関係や余計な立ち回りぬきで、気になる不動産の情報をお話しします!

「会員登録で未公開物件〇万件が見られます!」は本当の未公開物件じゃない説

 不動産会社のホームページでは、

「会員登録者様限定で未公開物件1万件の情報が閲覧できます!」というものというものを見かけます。ワクワクして会員登録をしたらの

「他の会社やネット広告で見た物件ばかりだった!」

「どの会社も未公開物件はなぜか同じものだ!」

など、期待を裏切ることが結構あります。

 今回は、なぜ多くの場合「会員様限定の未公開物件が、どこでも見れる物件なの?!」という素朴な疑問についてのお話ししようと思います。

 「未公開物件」に期待すること

f:id:musubima-san:20190323123542j:plain

 一般の方が「未公開物件」と聞いたら、

「このサイトでしか見られない物件」

「売出し前の情報で他の人がまだ見ていない物件」

のようなものを連想するかたも多いのではないでしょうか。

 ですが、不動産会社のホームページでは、ちょっと違う使い方がされることがあります。

 

不動産会社のホームページで言う「未公開物件」とは

 不動産会社のホームページでいう「〇〇万件の未公開物件」とは、ものすごく大雑把にいうと、こんな感じで作られていきます。

1 不動産の所有者が、不動産会社に売却依頼をします。

 f:id:musubima-san:20190323093441p:plain

 

2 物件を預かった不動産業者は「レインズ」への登録義務があります。

f:id:musubima-san:20190323094959p:plain

 

3 レインズはほとんどの不動産会社が閲覧できます。不動産会社は広告掲載物件を日々探しています。

f:id:musubima-san:20190323100449p:plain

 

4 売り物件を預かっている業者に、広告掲載の承諾をお願いするのですが・・・

f:id:musubima-san:20190323100956p:plain

 

5 自社で広告掲載を独占して集客したいので、広告掲載を断ります。

f:id:musubima-san:20190323115726p:plain

 ということで、ホームページの未公開物件として登録されていくのです。そもそも、いちいち電話して確認するのが面倒くさいという不動産業者は、レインズの掲載物件を片っ端から未公開物件として登録していきます

 

レインズの登録物件はどのくらいあるの?

 レインズの登録物件は、2019年3月20日のニュースサイトでは81万1930件とされています。どう見てもコジンマリとした不動産業者に、膨大な未公開物件があるとしたら、大体の場合はレインズ物件のコピペになります。

レインズ掲載件数について【不動産流通研究所】の記事

レインズ成約件数、5ヵ月連続でプラス | 最新不動産ニュースサイト「R.E.port」

※広告ではありません。

 そもそも、「ホームページに数千件(場合によっては数万件)掲載しています!」と言っているところは、「元付業者への広告掲載確認どころか、販売が終わってしまっているものも相当数あるのでは?  」と感じざるをえません。

 

広告掲載がダメなのに、未公開物件としての掲載はなぜ良いのか?

f:id:musubima-san:20190321151846j:plain

「広告掲載がダメなのに、未公開物件としての掲載は良いのか?!」というところは意見が分かれますが、掲載している不動産会社の言い分は、

広告みたいに不特定多数にバラ撒くわけではなく、名前や住所や連絡先が特定できている当社の顧客に物件紹介をして何が悪い!」

ということになります。「会員登録しなければ未公開物件が見れないシステム」は、登録したお客さんに営業電話をしたいからという理由以外にも、未公開物件の元付業者への体裁が含まれているのです。

  

まとめ

f:id:musubima-san:20190321223057j:plain

 不動産会社のホームページに、会社規模に比べて異常な数の未公開物件があるとされている場合は、レインズで公開されている物件のコピペの可能性があります。

 とはいえ、インターネットでの物件探しはとても効果的です。信頼できる不動産会社から、正確で早い物件情報を受取るようにしましょう。