家を買うならここが知りたい!

利害関係や余計な立ち回りぬきで、気になる不動産の情報をお話しします!

仲介手数料0円の不動産業者はどうなの?

 不動産の仲介業者さんで「ウチは仲介手数料0円です!」と広告している会社が結構増えました。インターネットで検索すると、「とってもお得派」と「手数料0円はやめたほうがいい派」で意見が分かれていて、本当はどうなの?といいたくなります。特に不動産業者や関連企業が述べている意見は、がっつり利害関係者のコメントになるので厄介です。そこで、余計な立ち回りを気にしていない私から見た「仲介手数料0円業者はどうなの?」をお話ししたいと思います。

 仲介手数料はどのくらいかかるのか?

f:id:musubima-san:20190319150834j:plain

 仲介手数料は、法律で上限額が決められています。ざっくりいうと、400万円を超える物件では「税別物件価格の3%+6万円+消費税」になります。消費税が8%の場合、物件価格が3000万円だと103万6800円、物件価格が5000万円だと168万4800円です。結構掛かります。これが0円になるなら、もちろんそうしたいというのは当然のお話しです。 

 

比較的規模の大きい不動産業者が仲介手数料0円をやらない理由

f:id:musubima-san:20190319150528j:plain

 大手不動産仲介業者は、不動産の売物件集めに重心を置いて、売主側からキッチリ満額の仲介手数料を受けるというスタイルが確立されています。誤解を恐れずに言うなら、「複数の不動産業者を天秤に掛けるひと」、「予算は低いが希望ばかり高いひと」、「手数料の値引きばかりいうひと」など、わがままな購入者側のウエイトを少なくしています

 大手仲介業者は別にしても、仲介手数料0円モデルというのは、開業当初からそういう事業スタイルにすると決めていたか、小回りのきく小さな不動産業者しかできないのだと思います。

  • 駅近くに路面店舗は家賃が高い
  • 不動産広告はバカ高い
  • 営業マンの歩合も結構高い

などなど、もうとにかく運営にお金がかかるのです。そんなわけですから、昔から経営している不動産仲介業者は、いまさら「仲介手数料0円ですぅ!」というわけにはいかないのです。

 

仲介業者を使わない選択肢もあるのでは?!

  わたしが不動産を買うなら、どちらかといえばやっぱり仲介手数料0円業者を使います。ただし、物件によっては仲介業者自体を(0円業者を含めて)使わない選択肢もあると思います。

  どういうことかというと、

  • 売主さん自体が不動産業者(新築戸建住宅や新築マンションやリノベーションマンション)の物件が欲しくなったら、仲介業者を使わず売主不動産業者に直接申し込みして契約する。そうすると、売主不動産業者も仲介手数料を支払わなくてよくなるので、その分を販売価格から値引きしてもらう。
  • 一般仲介(中古物件などの個人が売主さん)の物件がほしくなったら、0円業者(0円にはならないんですが、定額20万円とか半額にしてくれる業者さん)に申し込みをして契約する

という感じです。こうするには、物件探しや現地の確認は可能な限り自力で行い、本格的に検討する物件が出てきてから、問い合わせする不動産業者を検討する必要があります。

 

どういう場合に0円になって、0円じゃないときはいくらになるのか確認しよう

f:id:musubima-san:20190319151018j:plain

 仲介手数料0円業者は、売主側から仲介手数料がもらえない物件の場合は、仲介手数料は0円ではありません。その場合は、定額〇〇円なのか、半額なのか、法定手数料満額なのか、あなたが支払う仲介手数料の額を確認しましょう。場合によっては、普通の不動産仲介業者と同じ手数料になってしまうこともあります。

  

これはやめておきましょう!

f:id:musubima-san:20190319152606j:plain

 普通の仲介業者に物件紹介をさせておいて、物件が気に入ったら仲介手数料0円業者から買うとか、売主業者に直接申し込みをするとかはやめた方がいいです。トラブルになります。特に売主が不動産業者の場合は、物件の仕入れや販売で協力してくれる仲介業者とは、良い関係を保ちたいという姿勢があります。もし普通の仲介業者で案内されたのに、違うルートから申込をしていると発覚したら、売主から「あなたにはこの物件を販売しない」と断られてしまうということが十分考えられます。

 仲介手数料0円業者のなかには、ホームページ等で「他社で紹介された物件を、当社に持ち込んでください!仲介手数料が最大0円です!」的な広告を出しているところもあります。わたしなら、わざわざそういう業者は選ばないです。他社に物件の紹介などで経費を掛けさせて、最後の契約だけウチにきてくれれば安くします!っていうことです。もしトラブルが発生しても、その業者は物件を紹介した責任はありません。これって結構怖いことです。仲介手数料0円を掲げている業者はたくさんあるので、わざわざモラルの低い会社を選ばなくても良いと思います。(すみません。個人的意見です)

 

家購入の大事なところを抑えておこう

 家の購入は仲介手数料以外にも、資金計画の妥当性・物件の調査・売主との交渉・住宅ローンの提案・契約から引渡しまでの手続き・住み始めてからのフォローといろいろ大事なことがあるのです。仲介業者から紹介してもらった物件が気に入ったら、その紹介してくれた仲介業者を通じて購入しましょう。

 

まとめ

f:id:musubima-san:20190317120159j:plain

「任せて安心!」が好みの方は、仲介手数料うんぬんよりも良い担当営業を選びましょう!

「できるだけ費用を抑えたい!」ひとはネットで正しい知識・大量の物件情報を閲覧して、「仲介手数料0円業者」か「売主業者へ直接」に申し込みをしましょう。

 

※この記事の内容は、完全に個人的意見です。記載された内容と事実が異なる場合があります。ご自身の責任で判断ください。