家を買うならここが知りたい!

利害関係や余計な立ち回りぬきで、気になる不動産の情報をお話しします!

二重サッシってどうなの?我が家で導入したお話し

 うちの家族は寒いのがとても苦手です。住居の寒さ対策にはとても慎重になります。現在の住まいは戸建住宅なのですが、戸建てはやっぱり寒いです。断熱性が高いとか低いとかの問題ではなく、上下左右に隣家がくっついていない(外気)ってことが寒さ原因なんだと再確認しました。ということで、我が家で導入した寒さ対策【二重サッシ】についてお話します。

 

f:id:musubima-san:20190317110432j:plain

 

 二重サッシって何?

f:id:musubima-san:20190317114244j:plain

 二重サッシとは、今あるサッシの室内側に、もうひとつサッシを増設するというものです。有名な商品ではYKKさんの「プラマードULIXILさんの「インプラス」があります。

YKKさんの「プラマードU」商品特徴はこちらから

かんたん施工 | かんたんマドリモ 内窓 プラマードU | YKK AP株式会社

※YKKapさんのホームページです

LIXILさんの「インプラス」商品特徴はこちらから

LIXIL | 窓まわり | インプラスウッド/インプラス | 特長

※LIXILさんのホームページです

 どちらの会社のホームページを見ても、「冬場、家の中から外に逃げる熱の半分以上は、開口部(窓)から出ているんです!」的なことが書いてあります。まじですか。

 ということは、家を暖かくするためには、サッシの性能向上が一番手っ取り早いのではないか!ということで我が家で二重サッシが導入となりました。

 

どっちを選んだか?

 昔から付き合いのある業者D氏にお願いをして、見積もりに来てもらいました。わたしは当初、YKKの「プラマードU」にするつもりでした。なぜなら、以前YKKの営業さんにとてもよくしてもらったことがあるからです。

 ですが、D氏は打合せのときLIXILの「インプラス」のカタログしか持ってきていませんでした。「なぜLIXILがおすすめなの?聞きたい!(ドキドキわくわく)」といったのですが、D氏は期待を裏切り、「忘れちゃっただけ。」という回答でした。

 ということで、我が家ではLIXIL「インプラス」の採用となりました。決めた理由は、商品性能とか金額とかではありません。当初YKKにしようと思ったのは「知ってる人がいたから」というのと、導入を決定したのがLIXILなのは「業者がカタログ忘れたから」というのが、商品決定の決め手です。

 

インプラスの商品内容

 D氏から提示された商品は3グレード

「単板ガラス」「ペアガラス」「Low-eペアガラス」

 左から右にいくにつれて性能が上がっていきます。

~「単板ガラス」「ペアガラス」「Low-eペアガラス」の違いはこちらから~

LIXIL | 窓まわり | インプラスウッド/インプラス | バリエーション | インプラス

※LIXILさんのホームページです

   「ペアガラス」と「Low-eペアガラス」は少し悩みましたが、「ペアガラス」を選択しました。理由は、「Low-e」はお陽さまの暖かい熱も跳ね返してしまうからです。真冬の新築現場なんかでは、窓を開けておいたほうが陽射しであたたかいなんていうこともよくあります。我が家の南側は、ささやかなお庭があるくらいでその先には隣家。陽射しが愛おしくて、反射してしまうのがもったいないからという事情もありました。

 

商品は受注生産

f:id:musubima-san:20190317114559j:plain

 サッシ枠の寸法は同じように見えても結構バラバラなものです。二重サッシは既存の窓枠に設置するという性質上、窓枠寸法を測って⇒メーカーに依頼⇒納品⇒取付けとなります。思い立ったのが2018年2月。結局、取付けが2月下旬となって、効果の程を体感するのは、2019年今シーズンの冬となったわけです。導入をお考えの方は、秋頃には採寸しましょう。

 

導入から1年後 サッシの実力を測ってみた!

 導入から約1年後の2019年1月某日5時頃に、インプラスの効果を確認してみました。実測当日の状況は以下の通りでした。

f:id:musubima-san:20190320065355p:plain


前日 夜9時に消灯・室温は18℃でした。

住宅性能はお世辞にもそんなに良くありません。今販売されている建売住宅の方が高性能だったりします。

温度計①室内床上1310

温度計②インプラス内側に接着

温度計③外サッシ内側に接着

温度計④外サッシ外側に接着

の温度計を4つ設置して、翌朝 2019年1月20日 午前4時51分に室温はどのくらいまで下がっているでしょう?という検証です。

 

検証結果!

f:id:musubima-san:20190317143135p:plain

f:id:musubima-san:20190320065524p:plain

温度計①室内床上1310 13.3℃!

温度計②インプラス室内側に接着 約11℃

温度計③外サッシ室内側に接着 約8℃

温度計④外サッシ外気側に接着 約5℃

という結果になりました。前夜21時に室温18℃が、翌朝5時頃に室温13.3℃。約7時間で室内の冷え込みは4.7℃という結果になりましたわたしはこれで満足しています。今販売されている「高気密・高断熱住宅」や上下左右が隣家となる「マンション」ならならもっと良い数字がでるのだと思いますが、体感的には昨年よりも朝が寒くなくなった印象です。

 

まとめ

f:id:musubima-san:20190317120159j:plain

個人的感想 二重サッシは導入してよかった!

ということで、二重サッシを検討している方の参考になればと思います。

 

※この実験、現在作成中のブログ「だるまストーブを導入してみた!」の実験も同日に行っております。温度計が無用に多いのはそのためです。読み取りにくくて申し訳ありません。